大切な子に、考えない・決められない人になってほしいか?

新米パパの俺へ。

 

「それはこうしたほうがいい」

「こうすべきだ」

「こっちにしたほうがいい」

子どもって、考えたり、決めたりするときって遅いよな。

大人の都合で急いでいるときとかもあって、やっぱり言っちゃいがちだよな。

「こうしなさい!」

「これがいいんだよ」

子どもはじっくり考えて決めたいとしても、大人がその余裕を持てないことが多い。

 

このように親が子どもに接していると、子どもは見事に「考えられない・決められない」ように育ってしまうんだぜ。

 

そのように育てたことも忘れ、中学になると、

将来の夢は?とか、

志望校どこがいいの?

自分の希望はないのか?

とか聞いても、黙っちゃう子が多いのは当然だよな。

幼い頃から、子ども本人にしっかり考えさせるように会話をしたほうがいいよ。

すべての会話が子どもにとっては学びなんだよ。

 

新米パパの俺へ。

 

待とう。子どもの考えている時間と決めようとしている時間を大切に。しっかりと待とう。

それが子どもにとっては貴重な時間だから。