自学自伸が身につくと安易な質問が激減します

自学自伸が身につくと、安易な質問が激減します。(^o^)

先生たちもやるべき仕事に集中できるようになります。

 

 

————出版予定の本より一部抜粋

 

我々は教えない塾を目指します。

 

生徒を伸ばす意識の低い先生は、しっかり丁寧に教えます。

 

「先生!ありがとう!わからない問題を、すぐにわかりやすく教えてくれて!」

なんて言われたりしているのでしょうか。実はこれは良くないんですよ。その瞬間はスッキリしますが、スッキリすることが目的ではないですよね。こんな先生は、本当に生徒を伸ばす気はないか、それか、本当の伸ばし方を知らないんですよね。

 

そもそも生徒の質問の仕方が大事です。

 

「せんせー、わかりませーん」

「ん?どこが?」

「全部」

「あれ?その質問の仕方でいいんだっけ?」

そこから質問の仕方の指導が始まります。

 

わからない問題があったら、まず解説を読む。

そして、その解説内で理解できない場所をピンポイントで質問する。

 

「解説のここの部分が、なぜこうなるのか、こう考えたんだけどわからないんです」

 

と、質問というよりは、分からない部分の説明をさせるんです。

 

ここで、先生はさらに簡単に教えて終わりにしないで、ヒントや質問返しで生徒の頭を活発にする。

これが生徒を伸ばす先生です。

 

もちろん生徒の段階によっては、丁寧に教える段階(リハビリ段階)も必要です。しかし、その後は上記の理由で、我々は「教えない塾」を目指します。

 

特に家庭教師や個別指導では、この必要な「余裕」がとれていないことが多い傾向にあるので注意が必要です。