保護者様からの声「あと○歳若かったら、エイメイの授業を受けたかった」

 

「あと○歳若かったら、エイメイの授業を受けたかった」

 

先日は,素敵な卒業式をありがとうございました。

中1も終わりに近づいた2月,忘れもしない雪の降る日に塾の説明会を聞いたのがエイメイとの始まりでした。

先生の熱心な説明もさることながら,受験の体験を話してくれた男子生徒の涙ながらの話が印象的でした。あれから2年の月日が経ちました。

週の半分近くの夜を塾で過ごし,他校の友達とも仲良くなり,塾のあとにはおしゃべりに花が咲き,帰りの遅い子どもにハラハラしながらも,エイメイは子どもにとってかけがえのない場所であったようです。

先生方の熱心な授業,はっきり言って我が子はクラスの落ちこぼれであったにも関わらず,先生は色々なことを教訓として教えて下さったように思います。

塾を選ぶ際に,溢れる程あるチラシの中から目にとまったあのキャッチコピー。

私は広告にあるエイメイが好きでした。大人なら,少しくさいなと思う人間性をうたった宣伝文句でしたが,やはり,それが何より大切なのではないかと思います。

子どもが将来「何になりたい,何をしたい」と問いかけた時に「俺,エイメイの先生になりたい」と言ったエピソードがあります。ならば,自分がどれほど勉強をしなくてはいけないのか,そして,何よりも生徒のためにどれだけ頑張れるのか…。

でも,子どもに一瞬でもそう思わせてくれた先生方はやはり素敵です。

塾に入った時に担当教科1人1人の先生が我が子について書いてくれた文章。とてもうれしかったのを覚えています。

中3激励会では先生達が自分の体験談を聞かせてくれて…。英語の先生のいつも優しい笑顔の理由が,表現力豊かな色々な言葉で生徒を引っぱってくれた国語の先生,真剣に怒ってくれた理社の先生,そして熱すぎる位の塾長の情熱があっての今日でした。

受験生で本来なら一番勉強しなくてはならないのに,それから逃げてしまい,勉強以上に他のことでご迷惑やご心配をかけてしまいまして本当に申し訳ありませんでした。

エイメイは卒業しますが,15歳の子どもの心には,きっと大きな財産となって心に残っていくことと思います。今までご指導ありがとうございました。本人になり代わりまして,お礼の言葉とさせていただきます。

私もあと○○歳若かったら,エイメイの授業を受けてみたかった母でした。