「周りには合格は厳しいと言われました。でも、エイメイは応援してくれました。」泣いて 笑って 怒って 悩んで こうして長かった受験は終わりました。

「周りには合格は厳しいと言われました。でも、エイメイは応援してくれました。」
あの子はいつも塾のことをいろいろ私に話してくれました。とても楽しかったんだと思います。先生方のお話がおもしろくて,楽しくて,新鮮だったのかな。

本郷中1人でかわいそうかなと思っていましたが,子どもって意外と大丈夫だということがわかりました。無事に第一志望合格もできて,3年生最後のテストでは,これまでの最高順位で終えました。自分の子どもじゃないみたい,すごい!! 本当にありがとうございました。平々凡々のおとなしいあの子でしたので,忘れないでくださいネ。

<母からみた受験体験記>
とうとう受験の年を迎え,目標はテストで400点を超える事でしたが,点数に波があり,テスト結果が出る度,笑ったり,泣いたり,テスト前には先生に,点数UP するようご指導のお願いメールを何度送ったことでしょう。

試験前に子どものプリントをみると《○○ちゃん特別対策プリント》と書いてあり,たくさん生徒がいるのに専用の問題を作ってくれてとてもありがたいなと思っていました。夏休みに入り志望校が決まり,あとは志望校に向かって勉強あるのみ!となりました。ですが思うように点数は伸びず,学校で大人しい子が塾で分からない所を質問できるのか?

私自身が心配になってきて,少人数の塾の方があの子には合っているのではないか。と考えるようになりました。 どうしようか。主人と話し合い,三者面談で先生に私たちの気持ちをぶつけてみようと思い,勢いよく行ったのですが,先生と話をしていくうちに私たちの悩みは解消されました。これから社会に出ていき,いろんな人と関わり合い,生きていかなければならない事,エイメイでは勉強プラス人間関係など,親も子どもの接し方など教わることがたくさんありました。

10月には,入試について細かい説明があり,地方出身の私が埼玉受験を1から10まで把握できました。まず,私立の個別相談に行き,安心して県立に向けて頑張ろうと思った矢先に,中学校の担任から1,2年の成績が足りないので厳しいと電話がありました。

何で今頃言うのか。落ち込みましたし,この受験は無謀なのか。合格させたい気持ちがあり,ランクを下げた方がいいのか。また悩み先生に相談しました。先生が相談の後,わざわざ私立に足を運んでくれて,学力特待生にと推してくださったことで,特待の推薦をいただくことができました。

私立の高校の先生からも優しい言葉をかけられ,うれしかったし胸のつかえが取れた感じがしました。もう迷うことはない。試験の日は刻々と近づき,倍率をみる度,本人以上にドキドキでした。五分五分の確率に挑戦です。

合格発表まではとても長く感じられ,発表前日は眠れなかったです。当日は少し遅れてみに行くことにしました。合格した他の子の歓声を耳にしたくなかったので・・・
雨降る寒い日,二人でカサをさしながら,合格発表掲示板の前に立ち,番号を探した・・・

泣きじゃくる母 「あった!」と呆然とするあの子。二人,顔を見合わせて「良かった あったね!」

泣いて 笑って 怒って 悩んで こうして長かった受験は終わりました。

いつも私が悩む度,的確なアドバイスを頂き,毎回救われていました。 ありがとうございます。

エイメイでは 一人ひとりの個性を大事にしてくれた事。卒業式で卒業証書を渡すときのメッセージ,とても感動しました。あの子は看護師という夢に向かってはばたきます。先生方,本当に感謝しております。ありがとうございました。

たくさんの塾がある中,エイメイに出会えて本当に良かったです。