のび家の絶対にダメなやつ、テスト返却で叱ってはいけません。

(加筆修正再放送)

テストの点数が悪かったときに、しかりつける

「なんでこんな点数なの!!」

 

「だからいったでしょ!!」

 

「あんたはダメね!」

 

「このままでは高校行けないわよ!」

 

 

(´・_・`)

 

 

これ、安易にやってしまう保護者様がいらっしゃいます。

 

 

ごめんなさい。絶対にダメです。

自学自伸を妨げてしまうんです。

 

 

 

 

 

このときの子どもの思考回路はどうなってしまうでしょうか。

 

 

 

 

テストの点数が悪かったとき叱りつけられる子どもは、

「ヤバい。どうやって怒られないようにしようか」

が、最初に浮かんでしまうんですよね。

 

 

 

この子は悔しさも感じません。

 

感じるのは親から怒られる恐怖です。

 

 

 

本来は「えー、まじかよ!どこを間違えたんだ?なぜだ?勉強たりなかったなー!クソー悔しい!」

 

となるべきところですよ。

 

 

 

 

それを、叱りつけられている子どもは、無意味なことに頭を使い始めます。

 

 

 

 

そして、のび太君みたく、答案用紙を隠したり、改ざんしたり、しようとしてしまうんです。

 

 

 

 

これ、損害が大きいですよね。

 

 

 

本来、理想的なのは

 

 

 

テストの点数が悪かったときには

 

自ら反省して、

悔しい思いをして、

復習して、

分からないのは先生に聞きに行って、

次に向けて改善している。

 

 

そして、

よし!次こそは!!と「自ら」思うことですよね。

 

 

だから、安易に叱りつけてはいけないんです。

 

 

「じゃー何も言わなければいいんですか?」

それも違いますよね。

 

 

具体的に何をしたらいいのでしょうか。

 

 

そうですね、いろいろありますが、

とても根気がいるのですが、本人に考えさせるように導くことですね。

悪いところの指摘をしたいなら、次のテストの「過程」でリアルタイムで指摘した方が100倍効果あります。

逆に良かったところを認めてあげても良いかもしれませんね。ガミガミ指摘しちゃうよりは。

あと、お子様が塾に通っているなら

 

 

「塾の先生に答案用紙を持って行ってアドバイスもらいなさいねー」

 

 

でいいのではないでしょうかね。

 

 

塾に行ってないなら、学校の先生で良いと思いますし。

 

 

親がガミガミ言っても、子どもは素直に聞けませんからね。

 

思ったことを文字にしており、失礼な表現が多く、大変申し訳ございませんでした。

全ては子どものために。