質問はしちゃいけないとは言ったけど誤解しないように

ハッキリ言おう。「質問があれば聞かれる前に手取り足取り丁寧に教えてくれた。」これは良い先生ではない。

 

↑こちらの記事でも、質問はしないようにいったけど、

 

質問よりももっと効果的な「わからないところの説明」を先生にすべき。というのが我々の塾の大切にしていることなんです。

 

誤解しないでくださいね。

 

 

先生に、ガンガン「わからないところの説明」をしていいんですよ。

 

 

ま、わかりやすい言葉でいうと先生にどんどん「質問(わからないところの説明という形で)」をしよう!

 

と、言えます。

 

生徒のみなさんを本当の意味で伸ばすために。

 

 

自学自伸!