「エイメイから合格、じゃないと意味がないんだ。」と言った生徒

埼玉県で最難関の私立高校○○高校。

そこへ行きたいと、塾の進路面談で言った生徒がいた。

これは、フィクションです(そういうことにしておきます)

保護者様「先生、実は、先生には本当に失礼なんですけど、○○高校へ合格するには、Wアカデミーにする?と本人に聞いたんです。」

私「は、はあ、、」

この保護者様は上のきょうだいを、二人もうちの塾に通わせてくださっていたし、本当に塾のことを信頼してくださっていたんですよ。

それでも、我が子の希望を叶えるための強い意志があり、そんなことをおっしゃっていたのだと理解していました。

だから、私は失礼だとは思わなかったんですよ。

なにせ、県内トップの私立高校の受験は特殊ですから。

続けて保護者様「失礼を承知の上です。でも、本当にこの子が○○高校へ行きたいのなら、合格者の半数以上がWアカデミーに通っているという話を聞いたんです。

私もエイメイを信頼していますし、そんなことを言うのはとてもつらかったのですが、塾をWアカデミーに変える?と聞いたんです。

そしたらとても驚きました。この子、、、『エイメイから○○高校合格、と自慢したいんだよ』なんて言うんです。」

なんと、、、中学生が、そこまで塾のことを考えてくれていたなんて。

嬉しい反面、複雑な気持ちになりました。

私「その気持は本当に嬉しいよ。エイメイでも、もちろん全力を尽くして合格へ導くよ。でも、お母さんもこういっているし、うちの塾に通いながら、Wアカデミーも併用するという作戦もあるかもね。あの○○高校合格は一筋縄じゃいかないからな。それくらいやってもいいかもな・・・」

と。

そしたら、本人がさらにこんなことを言ったんです。

「それじゃダメなんだ。エイメイがすごいって証明したいんだよ。」

塾経営者として、こんな嬉しいことはありません。

そして、彼を絶対に合格させてあげないといけない。と強烈な覚悟をしました。

当然のことですが、先生たち全員で彼の合格へ向けて作戦を立てて、

特別に課題を出して、補習をしてあげたりしました。

できることはなんでもやりました。

彼は本当に頑張りました。

そして、

彼は見事に志望していたその最難関校に合格。

合格の報告を聞いたときは、私は嬉しさより、「安心した」というのが本音ですね。

彼は今も社会人として大活躍しているようです。

生徒からこんなことを言ってもらえる塾を作れてよかった。

うちの塾は、こんな生徒たちのために、このまま小さな塾で終わってはいけない、と使命感を持つきっかけでもありました。