楽しさ、ってのは、バカ笑いするような(コレもあるけど)ものだけでなく、授業にのめり込めるような仕掛けや、勉強自体が楽しくなるような先生の働きかけがあるわけです。

授業が楽しい。

最高じゃん。

勉強が「楽しい」わけない、と思う親や先生が多いんだよなー。

いやいや、あるんです。

この楽しさ、ってのは、バカ笑いするような(コレもあるけど)ものだけでなく、

授業にのめり込めるような仕掛けや、勉強自体が楽しくなるようなことです。

それを意図した先生の働きかけがあるわけです。

生徒(と先生)が楽しくやれるのが1番伸びる。

《以前の記事より》

「楽しい」と呼ばれる塾の凄さ。

お笑いのような授業をやって生徒を楽しませることができても、それは一瞬です。

「塾が楽しい」と言われるのは、本当に深い意味が込められています。

「ただ遊んでいるだけ」で子どもたちは「楽しい」って言ってくれないんですよ。

塾には月謝がかかるのを子どもたちも当然理解しています。

お笑いみたいな面白いだけの塾に、価値を感じません。そんな子はいません。

たとえ、ある時、バカ笑いしておもしろい授業だったとしても、それが続いて勉強もあまり身に付かず、何のための塾なのかわからなければ、子どもは当然不安になります。

このままでいいわけない、と思って塾に通っているわけですからね。

「塾が楽しい」と言われるのは

勉強の楽しさ、

これからの期待、

塾を信頼できるか、

雰囲気、

先生、

全てを総合評価しての「楽しい」なんです。