「塾は、勉強を教わる場所」ではない。我々、塾の先生は自覚しなければならない

我々、塾の先生は、はっきり言って

教え過ぎだ。

うちの塾では、学年1位が毎年何人もいる。

トップ高校に合格する子も、もちろん毎年何人もいる。

でも、、、

一部の生徒は伸びきれず、悔しい思いをさせてしまっている。

俺たちも悔しい。

だから、必要な改革をする。

表に見えるような改革ではないが、

うちのグループの先生たち全員が意識する大切なことを

今まで以上に

いや、それ一つのみに絞って伝えていく。

「塾は、勉強を教わる場所」か?

違う。

「塾は、自ら勉強する方法を身に付けられる場所」

であるべきだから。

乞うご期待。