正負の数の計算のイメージ指導

 

 

保護者の方も、中1数学を子どもに質問されて、教え方に困る人が多いらしいんで、正負の数の計算についてのイメージを。

「マイナス5とプラス3が戦ったらさ、大きい方の5が勝つよね。

だからマイナスが残るんだよ。

でも、戦いの結果3だけやられてるからさ、5は2になっちゃってんのよ。」

 

俺流の正負の数の教え方(一部)

 

 

ゆくゆくは、

−3+5−2+4

 

とかの計算ができるようにならないといけないので、

私はカードに、−3、+5、−2、+4と一枚に一つ数を書いて、ホワイトボードに何枚かバンって貼るんです。位置はバラバラに。

そして、数秒で外します。

正負の数を暗算で計算できる訓練をたくさんやります。

 

つづく。